2019/3/16



3/15(金)に放送されたNHK「チコちゃんに叱られる」に、回答者として東京天文台の渡部潤一先生が出演されていました。

皆さん、ご覧になりましたか?



で、中古望遠鏡ショップオーナーとしていやでも注目してしまったのが、座っている渡部潤一先生の後ろに置いてあった非常にレトロな1台の望遠鏡...。

普通、こういうTVに映るところに置く望遠鏡は、最新のタカハシとかビクセンの望遠鏡を置くのが一般的だと思うのですが、なんと、この時に置いてあったのは、メーカーまでは判らなかったですが、たぶん、1970年代のダウエル/スリービーチ/パノップあたりの10cmF900mm位(もしくはD=114mm?)のニュートン反射赤道儀のようでした。

 ( 3/23 追記 パノップ FYT54(114mm 900mm) のようですね。)

おもわず内心「うわっ!カッコイイ!! 渡部潤一先生なかなか渋いことするねぇ!! 」と叫んでしまいましたよ。

昔は、こういう望遠鏡は、持っていても「持ってるよ!...」ってなかなか人に言えない望遠鏡でしたが、渡部潤一先生と一緒にTVに映っていると、なぜか、ちゃんとした高級望遠鏡にみえてしまうから不思議ですね...



鏡筒には、5x24mm位の小さなファインダーと、接眼筒は24.5mmでドローチューブは抜き差し式のようなタイプのものが付いていました。

ニュートン鏡筒が載っている赤道儀は1970代の天文ファンにはおなじみの赤経/赤緯体が非常に細い(ひと目見ると脳裏に焼きついて離れない恐ろしいデザイン...)タイプのもの。当時の特有の細〜い木製伸縮三脚に乗っていました。



放送などこういう場所に置かれる反射望遠鏡は、大体において知識の無い者がセッティングすると鏡筒の前後が逆に取り付けられていたりすることが多いのですが、今回のものは、珍しく、きちんとすぐに使用できるような完璧な状態にセッティングされていました。

ドローチューブの繰り出し位置も、大体、無限遠の位置に繰り出されていましたね、素晴しい。



さて、一番気になったのは、この望遠鏡は、渡部潤一先生の昔からの愛機なのでしょうか?....、それとも、スタッフが用意したものか.....どちらでしょうね。



私としては、この望遠鏡がとても綺麗な状態だったので、渡部潤一先生が若い頃から使用していて、ずっと大切に保管されていたものだったら、この陳列はちょっと"ほっこり"してて良いなぁと思った次第です。

でも...東京天文台副台長の渡部潤一先生がパノップって..なんだか、そのギャップがたまらないですよねぇ〜。自分も1台欲しくなってきました。昔の望遠鏡って、やっぱり良いですねぇ〜。



(TV的には、この場合、TS65mmD型屈折赤道儀かNikon8cmF15屈折赤道儀でも置いてあったら、もっとカッコ良かったなぁと思いましたが..。ウチに借りに来てくれれば提供したのに..)



TV放送や映画などに天体望遠鏡が出ていると、どうしても、「あの望遠鏡は何??」と、そこに目が行ってしまうのは、天体望遠鏡マニアの性(さが)でしょうね。



About the owner

春日部店舗 ご案内

CAT USED TELESCOPES

有限会社 CAT

〒344-0011

埼玉県 春日部市 藤塚 2880

営業時間 月.金.土 13〜18 時

     日.祝  13〜17 時

定休日 火 . 水 . 木

店舗敷地内北側に駐車場有り

TEL/FAX 048-812-4565

CAT携帯 090-2211-8970

E-MAIL  cat-@nifty.com



当社は中古天体望遠鏡の専門店として、1997年創業、以来皆様からの望遠鏡や双眼鏡類、周辺アクセサリー類の買取と、それらの中古販売を専門に業務を行わせていただいております。

日本全国の天文ファンの皆様のおかけで、とても永い年月にわたり業務を続けていられることを、毎日、心より感謝しております。

埼玉県春日部市に本社/営業店舗を置いております。 (月刊誌「天文ガイド」の毎号に広告を掲載しておりますのでご覧ください。)

最近は、望遠鏡関係でも無責任なネットオークション取引が横行しておりますが(当店はオークションは行っておりません。)、遠方より通販でご利用いただくお客様の立場になりましても、自社販売にて実店舗と歴史をもつ望遠鏡中古専門店として、お客様も安心してご利用いただけるものと思います。

店内は多くの望遠鏡や機材で足の踏み場が無いような状況ですが、お近くにいらした際にはぜひ遊びにお寄りいただければと思います。



当店はヤフオクなどネットオークションへの出品は行っておりません。

長年の歴史を背負う中古望遠鏡専門店として、個人のお客様から大切な機材を直接買い受け、1つ1つを愛情もってクリーニング等を施したものを、自社にて値付けを行い責任持って販売するのが務めではないかと考えております。



有限会社CAT 代表 箕輪 透

地元、春日部市に生まれ、現在に至ります。

幼少の頃より星に興味を持ち、高校生になってからは、望遠鏡やパーツの自作を楽みながらも、入手した数々のメーカー製望遠鏡の機械的構造にも興味を持ってしまい分解/組立等に熱中、それらを通していろいろと勉強させてもらいました。

のちに富士写真光機(株)(現:FUJINON)にて、技術職を長年従事。

FUJINON内視鏡の対物レンズ部分の組立(クリーニングから鏡胴内への組込、ピント出し、組付け等です。) 最小のものでは内径φ1.5mm位の極小サイズの鏡胴に5〜6枚のレンズを間隔環を入れながら組みつけます。このような小さなレンズにも組付け前に総てコバ塗りを1つ1つ施していきます。組付けは、実体顕微鏡とピンセットを使用してレンズ1枚1枚をクリーニングしながらの手作業で、経験と集中力の要る作業でした。

また、天体写真にも没頭、1976〜1980年、1996〜2,000年頃には天文雑誌のフォトコンテストへの投稿を楽しませていただきました。

レンズの取り扱いやクリーニング等の作業は、相応の技術と経験無しではなかなか上手くは出来ないものですが、自身のこのような長年の経験が、望遠鏡の取り扱いに大きく役立っているのは幸いです。

(世界的に人気のプラネタリウム映画作品「ハヤブサ」シリーズで有名な上坂監督とは、幼い頃からの友人です。)